管理人・シンガー・アーネストより

私がワイン業界に関わるようになったのは1985年の頃でした。 


そのころ日本は多様な面で世代が変わっていく時期でした。
世界ではQuality of life(人生の充実)はあたりまえのことでしたが、
私は日本では何がクオリティーオブライフなのかと考えました。

 
私が到達したのはワインでした。 
しかし、その当時、まだ私にはワインの知識がありませんでした。 
知っていたのは、シャブリであるということと、シャブリでないということでした。 
日本の中で、まだまだワインに馴染みがないときに、
どうしたら多くの人がワインに興味を持ってもらえるのか考えました。 
一般的に、ワインのラベルを見ただけではワインを選べないことが問題でした。
それならば、ワインを勉強すれば良いと思い、フランスに飛び、
地元のワイン学校と契約を結び、東京に学校をつくりました。 


次に、良いワインを選ぶには、どうしたら良いのかを考えました。
私は、ロバート・パーカー氏に会いにアメリカに行きました。 
それからはたくさんの美味しいワインにめぐりあうことができるようになりました。


そして、今、多くの人から「ワインを勉強したい」という声を聞き、ワイン講座を作りました。
学校へ行ける人も、いけない人も、ソムリエ試験に合格したい人も、楽しみたい人にも
満足いただけるワイン講座を無料でインターネット配信することにしました。



LifeStyleのトップに戻る